シロアリを駆除

日本は木造住宅が多くしっかりとした構造で建てられているのですが、木はシロアリにとって餌になってしまうため、発生してしまった場合にはすぐに対処が必要です。住宅にとって害になるシロアリですが、素人ではどういったアリがそうなのか種類の判断がつきにくく、不安になる人も多いのです。 ここではシロアリの習性や種類について紹介していきます。どの種類にもいえる特徴としては、餌の木が沢山あり湿度の高い場所を好む習性があるのです。ですからそういった場所を住宅に作らない事が、発生させないために一番重要になってくるのです。日本のシロアリの中でもっとも被害を与えるものが、イエシロアリです。このアリは木を食べる速度が速く、気がついたときには住宅に大きな被害を与えるため注意が必要です。

また日本だけでなく、世界中で見ることのできるアリで世界中で住宅に大きな被害を与えている、住宅にとってはやっかりなアリになるのです。日本独自に生息しているアリといえば、ヤマトシロアリになるのです。このアリはさきほどのアリとは違い被害を与える速度は遅いのですが、日本の風土や気候に合っているため日本のいたる場所に住み着き被害を与えているのです。特に湿度を好み、餌は木だけでなく紙なども食べるため注意が必要です。 他にはアメリカカンザイシロアリというものもいるのです。このアリは他のアリとは違い、湿度がなくても問題なく生息できる特徴をもっているのです。そのため乾燥した木材の中に住み着くため、駆除する事が難しいシロアリになっているのです。