鳩を駆除する

鳩は一度住みつくとやっかいな鳥です。平和の象徴といっても実際に糞や営巣の被害にあうとかわいさもなくなってしまいます。その鳩を駆除する方法として以前は目玉の風船をかかげたり、鳩の嫌がるにおいのものを置いたり、鳩の飛行経路を狂わせるとして磁石を置いたりする方法がありましたが、どれもあまり効果が無かったようです。ワイヤーやテグスを張ると良いというものもテレビで紹介されたりしましたが、ワイヤーに停まる鳩もいて効果はいまひとつです。剣山状になったハトよけも慣れたものやどうしてもその場所が気に入っている鳥は針の上に停まっていたりします。初期段階なら鳩も寄ってこないこともありますが、巣を作っている場合には、本格的な防鳥ネットが必要になってきます。

鳥獣保護法により鳩の補獲や駆除は調査や補獲申請が必要です。勝手に駆除として殺したりすることはできません。駆除しなければならなくなる前にできる対策は、糞を見つけたらすぐに掃除することです。まだ鳩がお気に入りの場所を探しているような初期段階ならワイヤーでも効果がありますが、糞が毎日たくさん落ちていればいくら掃除しても防除にはいたりません。鳩は営巣場所を探しているので、物置の影や植木鉢の後など隠れやすい場所を作らないようにします。剣山器具を使う場合には、ピンが垂直に立っているものではなく、斜めになっているもののほうが、鳩は安定感がなく嫌がるようです。また設置場所に電流を流して電気ショックを与えるものはその場所は100%防除できますが、大きな工事が必要です。一般家庭ではベランダや建物の開口部に防鳥ネットを張って入らせないようにすることが一番確実な方法でしょう。