ハチを駆除する

毎年のように秋ごろになると、行楽に出かけていた人がハチに襲われた、というニュースが飛び込んできます。これは、集団で襲われた人や、被害が大きかった場合に報道されており、被害が小さかった場合や、危なかったといった事例の場合は、報道されることはありません。こういったことを踏まえれば、もっと多くの人が、ひやりとする場面に遭遇しているであろうことが想定されます。都市開発により、生活圏にハチの巣が作られることが増えてきていることも一因で、ハチの巣が作られることに駆除が追い付いていないことも被害を拡大させる一因となっております。この傾向は今後も継続していくことが考えられ、その被害も増えていくことが予想されます。

ハチの巣は、夏場時期が早いうちには、まだ小さいことが知られています。働き蜂の数の増加とともに、ハチの巣は巨大化していき、秋も深まったころには、簡単には駆除が困難なほどのバスケットボール大の大きさまでになっているのです。こういった場合、ハチたちは、巣を守ろうと、非常に攻撃的になってきますので、不用意に近づくと襲われる可能性があるのです。そのため、素手で駆除を行おうとするようなことは非常に危険で、特に黒い部分である、頭などは標的とされる傾向にあります。そのため、被害を避けるために、ハチを駆除する必要があるのですが、素人には難しいものがあります。そういった時には、専門家に相談して駆除してもらうほうが無難です。